Windows10 システムのバックアップ

ここでは、Windows 10 のシステムイメージのバックアップの手順を、回復ドライブの作成、システムイメージのバックアップ作成ということで紹介します。

システムイメージとは、現在の C ドライブの状態と、パソコンの起動に必要なデータをまとめたものです。


Windows 10 で利用できるバックアップと復元機能

Windows 10 は、使用中の Windows 10 の完全なシステムイメージのバックアップを作成することにより、仮にWindows 10 が不測の事態によって起動しない等のトラブルに遭遇した場合にも、バックアップしたシステムイメージから、Windows 10 を復元することができるようになっています。

 

Windows 10 には、複数のバックアップ機能が搭載されています。

  • 回復ドライブ
  • システムイメージをバックアップする
  • システムとユーザーファイルを丸ごとバックアップする
  • ファイル履歴でユーザーファイルをバックアップする
  • データごとのバックアップする 

Windows 10 の各種バックアップ機能の比較

バックアップ内容

 

バックアップ内容

回復ドライブ

システムイメージ

バックアップ

丸ごと

バックアップ

ファイル履歴

バックアップ

ユーザーデータ  

〇(※1) 〇(※1)
アプリ    
システムファイル 〇(※2)  
リカバリ      
ブート       

※1:バックアップするライブラリー/フォルダーを選択することができる

※2:システムイメージを含めるかどうかは任意に選択できる

特長

 

特長

回復ドライブ

システムイメージ

バックアップ

丸ごと

バックアップ

ファイル履歴

バックアップ

保存先

 フォルダー名

USB メモリ

外付けHDD

¥WindowsImageBackup

¥PC名¥Backup Set

外付けHDD

¥WindowsImageBackup

¥PC名¥Backup Set

外付けHDD

¥FileHistory

保存するもの

システムファイル

リカバリ

ブート

”C”ドライブ全体

システムイメージ

 

同じデバイスに保存するとシステム イメージは上書きされる

サインインしているユーザーデータ、

システムイメージ

(任意選択式)

サインインしているユーザーデータ

 

保存期間は無期限

バックアップ開始

 

 設定・起動メニュー

手動

 

「回復」>

「回復ドライブの作成」

手動

 

「更新とセキュリティ」>

「バックアップと復元(Windows 7)」>

「システムイメージの作成」

手動及び定期

 

「更新とセキュリティ」>

「バックアップと復元(Windows 7)」>

「バックアップ設定の変更」

手動および定期

(10分~毎日)

「コントロールパネル」>

「システムとセキュリティ」>

「ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存」

回復時の使い方

Windows を起動できない時に、バックアップ時の Windows システムで立ち上げる。

システムイメージバックアップと組み合わせて"C"ドライブを復元する

Windows を起動できない時は起動ディスクと組み合わせて使用する


Windows を起動できるときは、「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」から回復に使用する

  ファイル単位で、保存された日時の履歴を選んで回復できる

Windows  が起動しないなど、重篤な問題が発生したときに利用します。

回復ドライブの機能を使い、PCの問題を修復できる場合があります。

回復ドライブに保存されたシステムファイルで、PCを回復ドライブ作成時の Windows の状態で立ち上げることが可能です。

 

 

このため、正常に使用できているときにできるだけ早く作成することが望まれます。

 

メーカー独自のドライバーやソフトウェアは C:\Recovery に格納されているとのことです。

Windows 10 本体の再インストールに必要なファイルは、インストールされているWindows から掻き集めて回復イメージが作成されます。このとき、Windows Updateなどで更新されてから28日を経過したものは新しいファイルが採用されるとのこと。

 

最新のパッチが適用された Windows 10 イメージ(これをシステム ファイルと呼ぶ)にメーカー独自のドライバーやアプリを加えたもの、それが回復ドライブです。

 

回復ドライブは、言わばユーザーの行った変更(アプリのインストールやユーザーデータの保存)を無視してある時点のスナップショットを保存したものです。

 

したがって、Windows 10で作成した回復ドライブで復元しても工場出荷状態には戻りません。

 

回復ドライブには、電源を投入すると起動(ブート)が始まるプログラムも保存されます。加えて Windows のシステムファイルも保存されるので、PCを回復ドライブ作成時の Windows で立ち上げることができます。

 

ただし、PC上のドキュメントや、インターネットやメールの設定など、ユーザーのデータや情報はバックアップされません。システムイメージ バックアップ機能と組み合わせて利用します。

 

Cドライブ全体をシステムイメージとしてバックアップします。

 

ドライブ構成も含め現在のPCの状態をそのままバックアップするため、PC上のドキュメント、インターネットやメールの設定、インストールしたアプリなどの情報もバックアップされます。

 

復元をすると、システムイメージを作成した時点の状態に戻ります。

 

Windows が起動しない状況の場合、システムイメージのデータだけでは復元できません。この場合、システムイメージのバックアップの他に、システム修復ディスクあるいは回復ドライブが必要です。

回復ドライブの場合はシステムファイルも保存できるので、より安心できます。

 

このため、万が一に備えて、回復ドライブを合わせて作成します。

 

個人用ファイル

PC上のドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージックなどの各フォルダーに保存されているユーザーファイルを指定してバックアップします。

 

システムイメージ

任意に Windows システムを選択してバックアップすることも可能で、丸ごとシステムをバックアップできます。

 

定期的バックアップ

設定を有効にすると、対象のデータが定期的に自動でバックアップされます。

また手動でバックアップすることもできます。 

ファイル履歴でバックアップしたデータは、個人用ファイルの復元で、ファイル単位で復元します。

その他(データごとに個別バックアップ/復元)

アプリケーションの種類に応じた方法で、バックアップ / 復元を行います。

  • メールソフトのデータ
  • Internet Explorer のお気に入り
  • Microsoft Edge のお気に入り

 


バックアップで用意するもの

外付けハードディスク

Windows 10 のバックアップイメージを保存するための外付けハードディスクを準備します。

Windows 10 のバックアップイメ―ジは必ず使用しているパソコン以外の外付けハードディスクなどの外部媒体に保存します。仮に使用しているパソコンが不測の事態で起動しないなどのトラブルに遭遇した場合でも、外付けの媒体に保存されたバックアップイメージからだと復元が可能となります。一方同じパソコン内に保存されたイメージの場合はパソコンの不測の事態のため読み出すことができなくなるなど、復元が不可能となる可能性大です。

Windows 10 のバックアップイメージは、パソコンに搭載されている HDD や SSD の使用サイズによるので、これよりも大きな容量の外付けハードディスクを用意します。 

Cドライブの容量は、エクスプローラーから確認できます。ハードディスクドライブのアイコンを右クリックして表示されるメニューから、「プロパティ」をクリックし、「使用領域」「空き領域」を確認します。 

システムイメージを一度保存したハードディスクに再度保存するときは、システムイメージは上書きされます。

 

USB メモリ

USB メモリは回復ドライブを作成するのに必要です。通常は 16GB 以上の USB メモリを用意します。

 

回復ドライブの作成に必要なUSBメモリの容量はそのパソコンごとに異なります。パソコンによっては 8GB の USB メモリで収まるものもあったり、逆に 32GB 以上が必要なこともあるようです。こればかりは実際に回復ドライブを作成してみなければ分からないようです。

 

64GB 以上の容量のUSBメモリを使用して回復ドライブを作成してみると約 10GB の容量のみ使用された場合、残りの容量 54GB は使用できません。

USB メモリの準備に関しての注意事項です:

USB メモリにデータを保存している場合は、事前にデータを別のところ(別の USB や PC など)に移行しておく必要があります。回復ドライブの作成時に保存されているデータは全てが削除されます。


システムファイルサイズを最小化する

パソコンを使用していると、アプリケーションで作成される一時ファイルや、ブラウザでWebページを閲覧した際にインターネット一時ファイルなどが保存されます。

これらの不要なファイルを安全に削除し、ハードディスクの空き領域を増やす機能がディスククリーンアップです。

 

回復ドライブ作成やシステムイメージバックアップでは、システムファイルをバックアップするので、必要無くなったファイルを、ディスククリーンアップで事前に削除しておきましょう。

 

ディスククリーンアップで削除されるファイル

 

ディスククリーンアップで不要なファイルの削除を行うには、使用しているアカウントのユーザーファイルを対象にして行う方法と、システムファイルを含むパソコン全体のファイルを対象にして行う方法があります。

※ 使用しているパソコン環境によっては、項目が異なる場合があります。

 

ユーザーアカウントに関連付けられたファイル

「ログファイルの設定」

アプリケーションをインストールしたときWindows 10で作成したファイル

 

「ダウンロードされたプログラムファイル」

特定のWebページを表示したとき自動でダウンロードされるプログラムファイル

 

「インターネット一時ファイル」

過去に表示したWebページの情報をパソコンに保存したファイル

 

「オフラインWebページ」

インターネットに接続していない状態でもWebページを表示できるように保存されたファイル

 

「システムによってアーカイブ(キュー)されたエラー報告ファイル」

アプリケーションが動作しなくなったとき、Microsoft にエラーを報告するために作成されたファイル

 

「ごみ箱」

デスクトップのごみ箱に移動したファイル(完全に削除されていないファイル)

 

「一時ファイル」

アプリケーションが「TEMP」フォルダーに保存した一時的なファイル

 

「縮小表示」

フォルダーを縮小表示したときに表示される縮小画像をすばやく表示するためのファイル

 

システムファイルを含むすべてのファイル

「ユーザーアカウントに関連付けられたファイル」に加えて、以下のシステムファイルが削除できます。

 

「Windows Defender」

Windows Defenderで使用する重要度の低いファイル

 

「システムエラーのメモリダンプファイル」

システムにエラーが発生したときのメモリの内容を保存したファイル

 

「デバイスドライバーパッケージ」

古いバージョンのドライバーに関するファイル(最新バージョンのドライバーパッケージは対象外)

 

「以前のWindowsのインストール」

以前のWindowsへ戻るために保存されたファイル。通常は一定期間後に削除される

 

「一時Windowsインストールファイル」

Windowsセットアップによりインストール処理で残されたファイル

 

「$Windows.~BT」

Windows Update によるアップグレード用のインストール用ファイル

 

 

システムファイルのクリーンアップ

❶ "C"ドライブの「プロパティ」を表示する

1)エクスプローラーを起動する

2)"C"ドライブを右クリックし、「プロパティ」をクリックする

backup_recovery36:”C”ドライブのプロパティをクリックする
backup_recovery36:”C”ドライブのプロパティをクリックする

❷ プロパティの「全般」タブで「ディスクのクリーンアップ」をクリックする

backup_recovery37:「ディスクのクリーンアップ」をクリックする
backup_recovery37:「ディスクのクリーンアップ」をクリックする

❸ 削除するファイルを指定する

1)「削除するファイル」欄で、削除するファイルにチェックを入れる

backup_recovery42:削除するファイルにチェックを入れる
backup_recovery42:削除するファイルにチェックを入れる

❹「システム ファイルのクリーン アップ」をクリックする

backup_recovery38:「システムファイルのクリーンアップ」
backup_recovery38:「システムファイルのクリーンアップ」

❺ 削除するシステムファイルを選定する

1)削除しても良いシステム ファイルがリストに加わるので、削除するファイルにチェックを入れる

  • 「以前の Windows のインストール」と「一時 Windows インストール ファイル」があれば、チェックを入れる

 

backup_recovery39:削除するファイルにチェックを入れる
backup_recovery39:削除するファイルにチェックを入れる

❻ ディスククリーンアップを実行する

1)「OK」をクリックするとディスククリーンアップが実行される。

2)「これらのファイルを完全に削除しますか」には「ファイルの削除」をクリックする

backup_recovery40:「ファイルの削除」をクリックする
backup_recovery40:「ファイルの削除」をクリックする

backup_recovery41:処理中の表示
backup_recovery41:処理中の表示

以上で操作は完了です。

❼ ファイルが削除されたかどうかの確認

Windows 10にアップグレードすると、以前のOSへ戻るために前OSのWindowsフォルダーがまるごと残っています。また、インストール時に利用したファイルも消されずに残っています。

アップグレード後時間が経っていて、問題なく稼働しているのであればこれらファイルは必要無いので、削除されたかどうかを確認します。

 

$Windows.~BT、Windows.old は、「ディスクのクリーンアップ」>「システムファイルのクリーンアップ」で削除されます。

 

しかし$Windows.~WS については、ディスクのクリーンアップからは見えず、削除されません。MicrosoftサイトからWindows10をダウンロードしてISOファイルを作成した時に作成されるファイルです。

システムファイルのクリーンアップで削除されないので、手動で削除することになります。