[設定] アプリ

Fall Creators Update(v1709)で変更されたもの

Windows の設定

バージョン1709では、設定項目が13個となった。「電話」と「Cortana」が追加された。

1709_00-settings:設定メニュー(v1709)
1709_00-settings:設定メニュー(v1709)

システム

「システム」に項目「バッテリー」と「リモートデスクトップ」が追加された(v1709)

1709_01-system:「システム」(v1709)
1709_01-system:「システム」(v1709)

「システム」の「ディスプレイ」に「明るさと色」が追加された

これまで(v1703)は「夜間モード」のみだったが、「明るさと色」項目が追加され、設定メニューから画面の明るさを変更できるようになった。

ACアダプタに接続して使用しているときと、バッテリのみで使用しているときの画面の明るさを、それぞれ設定できます。

バッテリのみで使用しているときの画面の明るさを調節するときは、ACアダプタを取り外した状態で操作してください。

明るさの変更は、ここでの「設定」による方法の他に、アクションセンターから変更する方法、キーボードなどから変更する方法があります。

1709_01-system-display:「ディスプレイ」(v1709)
1709_01-system-display:「ディスプレイ」(v1709)

ガイド

PC によっては、現在の照明条件に基づいて Windows が自動的に画面の明るさを調整できます。 使用している PC でこの機能がサポートされているかどうかを確認するには、 [ディスプレイ]設定の [明るさと色] で、[照明が変化した場合に明るさを自動的に調整します] チェック ボックスを探し、この機能を使う場合はオンにします。 この自動設定を使うと、外出先で画面が読みやすくなります。 この機能を使う場合でも、 [明るさの変更] スライダーを動かして明るさのレベルを調整できます。

「バッテリー」が追加された

バッテリーの「概要」「通知」「節約機能」「節約オプション」の設定が可能となった。

 

バッテリー節約機能がオンの場合、使用中の PC では消費電力の多いいくつかの機能 (電子メールとカレンダーの自動同期、ライブ タイルの更新、頻繁に使わないアプリなど) が一時的にオフになります。バッテリー節約機能を使うことは、バッテリーを長持ちさせる最も簡単な方法です。

 

バッテリー残量が特定の数値を下回るたびにバッテリー節約機能がオンになるようにする場合は、バッテリー節約機能の、[バッテリー残量が次の数値を下回ったときにバッテリー節約機能を自動的にオンにする] を選んで、その数値を設定します。バッテリー節約機能を今すぐオンにし、PC の次回起動時まで継続する場合は、[バッテリー節約機能の現在の状態] をオンにします。

 

1709_02-system-battery:「バッテリー」設定(v1709)
1709_02-system-battery:「バッテリー」設定(v1709)

「ストレージ」の「ストレージセンサー」機能が強化された

空き容量が少なくなるとゴミ箱のファイルなどを自動的に削除して空き容量を確保する「ストレージセンサー」機能も強化されました。

ストレージセンサーをオンにすると、キャッシュファイルなど不要なファイルを自動的に削除して空き容量を確保できる。

ストレージセンサーの設定は[設定]画面の[システム]→[ストレージ]から行なう。

1709_19-system-strage:「ストレージセンサー」>「空き領域を増やす方法を変更する」
1709_19-system-strage:「ストレージセンサー」>「空き領域を増やす方法を変更する」
1709_20-system-storage-sensor:自動的に空き領域を増やす
1709_20-system-storage-sensor:自動的に空き領域を増やす

「リモート デスクトップ」が追加された

リモートデスクトップのオンオフが「設定」からもできるようになりました。(v1709)

リモートデスクトップを使用すると、リモートデスクトップ クライアントアプリ(iOS、Android、Mac、および Windows で利用可能)を使用してリモートデバイスからこのPCに接続して制御できます。

リモートディスクトップのホストになれるのは、Windows 10 Pro 以上のエディションだけです。Windows 10 Home ではホストになれません。

1709_03_system-remote-desktop:「リモートデスクトップ」(v1709)
1709_03_system-remote-desktop:「リモートデスクトップ」(v1709)

以下はリモートデスクトップ接続操作の概要です。

    1. 「設定」で「システム」を選ぶ
    2. 「リモートデスクトップを有効にする」をオンにする
    3. 「確認」をクリックする

「バージョン情報」にセキュリティ情報概要

「バージョン情報」にセキュリティ情報の概要が表示される(バージョン1709)。

1709_03-system-version-info:「バージョン情報」(v1709)
1709_03-system-version-info:「バージョン情報」(v1709)

デバイス

「タッチパッド」が追加された

タッチパッドのカスタマイズができるようになりました。(v1709)

タッチパッドで2本、3本、または4本の指を指定して、Windows の操作できます。

なお、タッチパッド機能が搭載されていないPCでは表示されません。

1709_04-device-touch-pad:「タッチパッド」(v1709)
1709_04-device-touch-pad:「タッチパッド」(v1709)

電話

「電話」が追加された

電話番号の登録をすることで、スマートフォンで開始した Web の閲覧、電子メールの作成、アプリの使用などの作業をPCで瞬時に再開して引き継ぎできる。逆も可能。(v1709)

1709_05-phone:「電話」(v1709)
1709_05-phone:「電話」(v1709)

ネットワークとインターネット

「イーサネット」が無くなる

1709_06-network:「ネットワークとインターネット」(v1709)
1709_06-network:「ネットワークとインターネット」(v1709)

アプリ

「ビデオの再生」が追加された

Windows に組み込まれたビデオ再生プラットフォームを使用するアプリのビデオ設定ができるとのことです。(v1709)

1709_07-apri-video:「ビデオの再生」(v1709)
1709_07-apri-video:「ビデオの再生」(v1709)

アカウント

「サインイン オプション」に追加があります

「サインイン オプション」の「プライバシー」の項で、「更新または再起動後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します」を オン にしています。

更新または再起動の後に自動的にサインインして、Windows Update のサインイン プロセスを高速化します。その後、デバイスをロックして、アカウントと個人情報を安全に保つとのことです。

このような動きで自動的にサインインが行われると、操作上最初にお目にかかるのはロック画面ということになる。

1709_08-account-sign-in:「サインイン オプション」(v1709)
1709_08-account-sign-in:「サインイン オプション」(v1709)

ゲーム

「TruePlay」が追加された

1709_09-game-true-play:「True Play」(v1709)
1709_09-game-true-play:「True Play」(v1709)

「xbox ネットワーク」が追加された

1709_10-game-xbox-network:「xbox ネットワーク」(v1709)
1709_10-game-xbox-network:「xbox ネットワーク」(v1709)

簡単操作

「拡大鏡」が追加された

拡大鏡の設定ができるようになった(v1709)。

1709_11-magnifying-glass:「拡大鏡」(v1709)
1709_11-magnifying-glass:「拡大鏡」(v1709)

「色とハイ コントラスト」が追加された

1709_12-color-and-contrast:「色とハイ コントラスト」(v1709)
1709_12-color-and-contrast:「色とハイ コントラスト」(v1709)

Cortana

「cortana に話しかける」

Cortana の設定が追加された(v1709)。

1709_13-cortana:「 Cortana」(v1709)
1709_13-cortana:「 Cortana」(v1709)

「アクセス許可と履歴」

1709_14-cortana-access-permission:「アクセス許可と履歴」(v1709)
1709_14-cortana-access-permission:「アクセス許可と履歴」(v1709)

「通知」

1709_15-cortana-messege:「通知」(v1709)
1709_15-cortana-messege:「通知」(v1709)

「詳細情報」

1709_16_cortana-detail-info:「詳細情報」(v1709)
1709_16_cortana-detail-info:「詳細情報」(v1709)

プライバシー

「全般」に「設定アプリでおすすめコンテンツを表示する」が追加

「おすすめコンテンツ」とは...

Microsoft から、[設定] に関するおすすめが紹介されるとのことです。 このコンテンツは、さまざまな形で提供され、[設定] 内の新機能に加えて、興味を持てる可能性のある新しいコンテンツやアプリが紹介される、とあります。

1709_17-privacy-general:「プライバシー」の「全般」(v1709)
1709_17-privacy-general:「プライバシー」の「全般」(v1709)

「ファイルの自動ダウンロード」が追加された

Windows 10 バージョン 1709 では OneDrive のファイル オンデマンドが実装されたため「ファイルの自動ダウンロード」という項目が追加されています。

 

Windows は、アプリが要求しているオンラインのみのファイルをオンライン ストレージ プロバイダー(OneDrive など)から自動的にダウンロードできます。

アプリに対してファイルの自動ダウンロードをブロックした場合は、ここでブロックを解除できます。

1709_18-privacy-file-download:「プライバシー」の「ファイルの自動ダウンロード」(v1709)
1709_18-privacy-file-download:「プライバシー」の「ファイルの自動ダウンロード」(v1709)