日本語入力システム 「Microsoft IME」 使い方

新機能「クラウド候補」

以下の内容は、日本語入力システム「Microsoft IME」の使い方 を参照している。

クラウド候補とは?

IME の辞書からの予測入力候補に加えて、Microsoft のサーチ エンジンである Bing からの候補を利用することができる。これにより、流行語や専門用語などを簡単に入力できるようになる。 

Windows 10 の既定の設定では、「クラウド候補」 機能がオンになっている。

クラウド候補の使い方

ime01:クラウド候補を表示する
ime01:クラウド候補を表示する

テキストを入力していくと予測入力候補が表示されるが、辞書や入力履歴に十分な予測入力候補がない場合には、 [クラウド候補を使ってみる] という候補が表示される。

ime02:クラウド候補を使う
ime02:クラウド候補を使う

Tab キーで、その候補まで移動するとクラウド候補が表示される。クラウド候補には雲のアイコンが付いている。

不要な候補を非表示にする

クラウド候補として不要な候補が表示される場合には、選択した状態で Ctrl + Delete キーを押すことで、その候補を非表示にすることができる。

[クラウド候補] 機能をオフにする

ime03:プロパティを選ぶ
ime03:プロパティを選ぶ

1) タスク バーの右側にある IME モード アイコン(画面右下の「あ」または「A」のアイコン)を右クリックする

 

2) [プロパティ] を選択して、Microsoft IME の設定を開く

ime04:「詳細設定」をクリックする
ime04:「詳細設定」をクリックする

3) [詳細設定] をクリックして、Microsoft IME の詳細設定を開く

ime05:「クラウド候補を使用する」のチェックを外す
ime05:「クラウド候補を使用する」のチェックを外す

4) [予測入力] タブをクリックして、予測入力の設定画面を開く

 

5) [クラウド候補を使用する] のチェックを外す

 

6) [OK] をクリックして設定画面を閉じる