プライバシー設定

Windows 10 の最大の特徴は、スマホやタブレット、パソコンといった色々なデバイスまで幅広くサポートしている点です。これまでの Windows はデバイスごとにOSが分かれていましたが、Windows 10ではすべてのデバイスのOSが「Windows 10」という1つのOSに統一されています。

wins1001:マイクロソフト社のエンジニア向けイベント「de:code」(2015年5月26~27日)から
wins1001:マイクロソフト社のエンジニア向けイベント「de:code」(2015年5月26~27日)から

このように 1つのOSでパソコン・スマホ・タブレット等のすべてのデバイスに対応するため、今までの Windows にはなかった位置情報やカメラ・マイクにおけるプライバシー設定がWindows 10 には追加されています。

 

ここで厄介なのが、ほとんどの設定が初期設定でオンになっていること。何も設定を変更しなければ、便利な反面、情報漏えいのリスクにつながることもあるでしょう。

 

そのため、Windows 10 を使い始める前にこれらのプライバシー設定を把握することはもちろん、適切に設定して情報漏えいのリスクを下げることが重要になります。

 

ということで、Windows 10 のプライバシー設定について見ていきます。

プライバシーオプションとその内容、設定

プライバシー設定を開始する

➊[設定]から[プライバシー]設定を選択する

プライバシー設定を開始する
privacy01

「Windows 10」のスタートボタンから「設定」を選択し、[プライバシー]をクリックする。

➋ プライバシー設定項目を選択する

プライバシー設定項目の選択
privacy02

プライバシー設定の各項目を、左側ビューから選択し、設定内容をチェックします。

1.全般

全般プライバシーの設定
privacy03

アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する

ユーザー情報を収集して、個々のユーザーに合わせた広告をアプリ内で表示させるどうかの設定です。Microsoft がユーザーの嗜好に合った広告をアプリ内などで表示させるために、個人情報を利用します。

勝手に情報収集されるのは好きではないという方は、 オフ にしておきます。

SmartScreenフィルターをオンにして Windows ストアアプリが使う Web コンテンツ(URL)を確認する

SmartScreenフィルターとは、フィッシング詐欺サイトや悪意のあるWebページへのアクセス、ウイルスやスパイウェアなどのダウンロードをブロックする機能です。該当するWebページを表示した際、SmartScreen フィルター機能によって警告画面が表示されます。

Windows ストアアプリ内限定で、訪問した URL を Microsoft に送信して、フィッシング詐欺やマルウェアなど、悪意のあるコンテンツかどうかを照合してくれる機能です。

 

悪意のあるコンテンツやダウンロードから PC を保護するための設定なのでセキュリティの観点からオンにしておくとよいでしょう。

このオプションでオン/オフできるのは、Windows ストアアプリの SmartScreen フィルターだけである点にも注意しょう。Microsoft Edge にも Internet Explorer 11 にも SmartScreen フィルター機能は搭載されている。だが、それらはここでのプライバシー設定とは無関係であり、それぞれのブラウザー側で設定する必要がある。

Internet Explorer 11 の場合:

  1. 歯車アイコン「設定」をクリックし、一覧から「セーフティ」にマウスオンし、「SmartSCreen フィルター機能を有効にする」をクリックする。
    (※「SmartScreen フィルター機能を無効にする」と表示されている場合は、すでに SmartScreen フィルター機能は有効に設定されています。)
  2. 「Microsoft SmartScreenフィルター機能」が表示されるので、「SmartScreenフィルター機能を有効にする」をクリックし、「OK」をクリックします。

Microsoft Edge の場合:

  1. 画面右上端の[…]詳細アイコンをクリックし、一覧から「設定」をクリックする。
  2. 設定メニューで[詳細設定を表示]をクリックする
  3. 「SmartScrenn フィルターを使って悪意のあるサイトやダウンロードから保護する」をオンにする

入力に関する情報をMicrosoftに送信して、タイピングと手書きの今後の改善に役立てる

キーボードや手書きで入力した情報を収集して、文字の認識率を向上させるかどうかの設定です。情報はユーザーのデバイスに保存されるほか、一部は Microsoft に送信されます。オフにしても利用上問題ありませんので、勝手に情報収集されたくない人はオフにしておきましょう。

Web サイトが言語リストにアクセスできるように設定して、地域に適したコンテンツを表示する

自分が設定した使用言語に合わせた Web コンテンツを表示するかどうかの設定です。自身の使用言語を知られたくない方は、オフにしても問題ありません。

2.位置情報

Windows やアプリとサービスの中には、便利な機能を提供するために、デバイスの位置情報を要求して使うものが多くあります。たとえば、位置情報は、地図で目的地までの道順を示したり、付近のレストランの一覧を表示したり、居場所付近の天気予報を表示するのに使われます。Windows の位置情報の設定では、どの Windows アプリにデバイスの位置情報や場所の履歴情報の使用を許可するかを制御できます。

位置情報のプライバシーオプション
privacy04

位置情報

位置情報をオンにすると、アプリやサービスがユーザーの現在位置や位置情報の履歴にアクセスできます。すべてのアプリやサービスで位置情報を収集されたくない人はオフにしておきましょう。まとめてオフにできます。

場所の履歴

位置情報がオンになっている場合、位置情報は一定期間デバイスに保存されています。保存されている位置情報を削除したい場合は、ここでクリアしましょう。

位置情報を使えるようにアプリを選ぶ

インストールしたアプリ単位で位置情報へのアクセスを制限する設定です。上の「位置情報」ではオンにしても、ここでオフにしたアプリは位置情報をアクセスできなくなります。

Skitch Touch?

画像に絵や図を簡単に書き込んだり、メモを追加でき、他のユーザーとコミュニケーションできる画像編集アプリ。取り込んだデータは「Evernote」と連携して使用することができる。画像に素早く書き込みをしたい、という場合に適したアプリです。

2016年1月22日でサポートが終了しています。

アプリコネクター?

アプリとオンライン サービスやアプリ同士の連携を取り持つためのものだと思われるが、情報は無しで、正確のところは不明。

3.カメラ

カメラ設定は、デバイスに付いているカメラをアプリやサービスでも使えるようにするかを設定します。

アプリやサービスの中には、デバイスのカメラを必要とし、カメラを使って便利なサービスを提供するものが数多くあります。たとえば、Skype のビデオ通話や、写真を撮ってお気に入りのソーシャル サイトに追加する機能はその代表例です。Windows カメラの設定では、どのアプリでカメラを使えるようにするかを制御できます。

カメラのプライバシー設定
privacy05

カメラ

カメラをオンにすると、アプリやサービスがカメラにアクセスできます。アプリやサービスからカメラにアクセスさせたくない人はオフにしておきましょう。

カメラを使用できるアプリの選択

インストールしているアプリ単位にカメラへのアクセスを制限する設定です。ここでオフにしたアプリは、カメラへのアクセスができなくなります。

4.マイク

マイクのプライバシーオプション設定
privacy06

マイク

マイクをオンにすると、アプリやサービスがマイクにアクセスできます。アプリやサービスからマイクにアクセスさせたくない人はオフにしておきましょう。

マイクを使用できるアプリの選択

インストールしているアプリごとに、マイクへのアクセスを制限する設定です。ここでオフにしたアプリはマイクへのアクセスができなくなります。

5.音声認識、手書き入力、入力の設定

音声や手書き、キーボードによって Windows デバイスを操作すると、カレンダーや People (連絡先) に関する情報を含め、音声認識、手描き入力、キー入力の情報が Microsoft によって収集されます。収集された情報は、使用環境をパーソナル化するために役立てられるとなっています。利用することでデバイスの認識率が向上し、発音や手書きなどで入力された内容をより正しく認識できるようになるとされています。音声認識、手描き入力、キー入力の設定 ([自分を知らせる]) のオンとオフは、[設定] で切り替えることができます。

 

注意

Cortana を使用する場合は、[自分を知ってもらう]を有効にする必要があります。

 

音声認識などのプライバシーオプション設定
privacy07

あなたに会った Windows にするために

「あなたに会った」というかなり大ざっぱな設定名になっていますが、とても重要な項目です。

 

Cortanaをそもそも利用しない場合や、個人情報の収集を止めたい場合は、自分の情報を知らせないをクリックし、次に表示されるオフにするを選べばOKです。

 

ボタン上の文字は「自分を知ってもらう」に変わります。

6.アカウント情報

アカウント情報設定は、デバイスに設定しているアカウント情報にアプリやサービスからアクセスするかの設定です。

アカウント情報のプライバシーを設定
privacy08

アカウント情報

アカウント情報をオンにすると、アプリやサービスがアカウント情報にアクセスできます。アカウント情報にアクセスさせたくない方はオフにしておきましょう。

アカウント情報にアクセスできるようにするアプリを選ぶ

インストールしているアプリごとに、アカウント情報へのアクセスを制限する設定です。ここでオフにしたアプリは、アカウント情報へのアクセスができなくなります。

7.連絡先

連絡先のプライバシーオプション設定
privacy09

連絡先

すべてのアプリやサービスから連絡先にアクセスする・しないを一括で設定できるばずだが、今はその設定はできない。

連絡先にアクセスできるようにするアプリの選択

インストールしているアプリごとに連絡先へのアクセスを制限する設定です。ここでオフにしたアプリは連絡先へのアクセスができなくなります。

Windows に標準搭載のメールアプリを使う場合は、メール / カレンダーオンにすることが求められます。

8.カレンダー

カレンダーのプライバシーオプションの設定
privacy10

カレンダー

オンの場合、アプリやサービスがカレンダーの内容にアクセスできます。すべてのアプリやサービスからカレンダーにアクセスさせたくない人はオフにしておきましょう。

Windows に標準搭載のメールアプリを使う場合、オンにすることを求められます。

カレンダーにアクセスできるようにするアプリの選択

インストールしているアプリごとにカレンダーへのアクセスを制限する設定です。ここでオフにしたアプリはカレンダーへのアクセスができなくなります。

Windows に標準搭載のメールアプリを使う場合、メール/カレンダーオンにすることを求められます。

9.通話履歴

パソコンなのに通話履歴?と思いますが最近はパソコンで Skype をすることもあり、また Windows 10 では、パソコンでも Windows Phone のようなモバイルデバイスでも同じプラットフォーム、同じアプリを使うようになっているのでこのような設定もあります。

通話履歴のプライバシーオプションの設定
privacy11

通話履歴

オンの場合、アプリやサービスが通話履歴にアクセスできます。すべてのアプリやサービスから通話履歴にアクセスさせたくない人はオフにしておきましょう。

通話履歴にアクセスできるアプリを選ぶ

インストールしているアプリごとに通話履歴へのアクセスを制限する設定です。ここでオフにしたアプリは通話履歴へのアクセスができなくなります。

10.メール

メールのプライバシーオプション設定
privacy12

メール

オンの場合、アプリやサービスがメールにアクセスできます。すべてのアプリやサービスからメールにアクセスさせたくない人はオフにしておきましょう。

Windows 標準搭載のメールアプリを使う場合、ここをオンにすることが求められます。

アクセスしてメールを送信できるアプリを選ぶ

インストールしているアプリごとにメールへのアクセスを制限する設定です。ここでオフにしたアプリはメールへのアクセスができなくなります。

Windows 標準搭載のメールアプリを使う場合、メール / カレンダーオンにすることが求められます。

11.メッセージング

Skype などと SMS を連携させる時に使うようです。

メッセージングのプライバシーオプションの設定
privacy13

メッセージング

オンの場合、アプリやサービスからSMSやMMSなどのメッセージサービスで読み取りや送信ができるようになります。すべてのアプリやサービスからメッセージへのアクセスを止めたい場合はオフにしておきましょう。

MMS とは、「マルチメディア・メッセージング・サービス」の略で、携帯電話でメッセージを簡単にやりとりできる機能です。

メッセージの読み取りや送信を行えるようにするアプリの選択

インストールしているアプリごとにメッセージへのアクセスを制限する設定です。ここでオフにしたアプリはメッセージへのアクセスができなくなります。

12.無線

デバイスによっては Bluetooth でデータをやり取りするものがあるのでその制御を許可するかどうかを設定します。Bluetooth イヤホンとかでしょうか。

無線のプライバシーオプションを設定
privacy14

無線

オンの場合、アプリやサービスから無線を使った送信ができます。すべてのアプリやサービスから無線へのアクセスを止めたい場合はオフにしておきましょう。

無線を制御できるようにするアプリを選ぶ

インストールしているアプリごとに無線へのアクセスを制限する設定です。ここでオフにしたアプリは無線へのアクセスができなくなります。

13.他のデバイス

アプリが他のデバイス(パソコンやスマホ、タブレットなど)と自動的に情報の共有をするかの設定ができます。

他のデバイスとの同期のプライバシーオプション設定
privacy15

デバイスとの同期

オンの場合、他のデバイスと自動的に情報の共有を行います。自動的に情報の共有を止めたい場合はオフにしておきましょう。

信頼済みのデバイスを使う

デバイスごとに情報のやり取りを制限する設定です。ここでオフにしたデバイスへのアクセスができなくなります。

14.フィードバックと診断

Windows 10を使用している際にときどき表示される、パソコンの設定情報に関するフィードバックの送信を求める頻度を設定します。

 

フィードバックで送信される情報には、デバイスの情報や、インストールされたアプリの情報などが送信されます。

 

Windows 10 の改善を期待するには推奨の設定をしておきましょう。

フィードバックと診断のプライバシーオプション設定
privacy16

フィードバックの間隔

一定の間隔でWindowsからフィードバックを求めるリクエストがあり、Windows 10についての意見を送るよう促されるメッセージが表示されます。

 

この間隔を変更したい場合は、「フィードバックを求められる頻度」の選択欄で変えられます。マイクロソフト社は自動的に確認するを選択することを勧めています。フィードバックを希望したくない場合はしないを選択しましょう。

Microsoft 社へフィードバックを送りたいときは、[スタート]から、Windows フィードバックと検索入力すると、検索結果にWindows フィードバックアプリが表示されるので、そこから送ることができます。

診断データと使用状況データ

Windows 10では、特定のアプリを使う頻度や種類などの情報をMicrosoftに送信していますが、送信する内容の粒度を選択可能です。

この情報は問題の特定やトラブルシューティングに活用されるもので、送信を止めることはできず、基本拡張完全の3つから選択が可能です。

15.バックグラウンド アプリ

バックグラウンドで更新されるアプリを制限できるようです。

バックグラウンドアプリのプライバシーオプション設定
privacy17

アプリのバックグラウンド実行を許可する

アプリによっては、バックグラウンドで動作してインターネットにアクセスしているアプリがあります。そのようなアプリが情報を送受信することを制限するかどうかの設定ができます。アプリごとにオン/オフの設定が可能です。